2011年02月16日

説得と満足

社会人になると、学生時代と異なり、いろいろな面で相手を説得させなければならない場面に遭遇します。ときには大嫌いな上司や得意先を説き伏せなければならないことだってあるでしょう。

世の中には、毎日頭を下げ説得に回るような仕事だってあるんですよ。

プレゼンテーションもいわば説得なわけで、ビジネスマンの必須スキルといえるわけです。

それでは、どうすれば相手を説得できるかということですが、それはスバリ!相手を満足させるということです。

相手の満足するものさえ、提示することができれば、説得も簡単なもので良いはず!

プレゼンをするときは、顧客というかクライアントとというか、相手がもっとも聞きたがっているのは何かを押さえておくことが大切です。

相手を説得する上で、必要なのはたったこれだけでいいのです。これを知るだけで相手は満足しちゃうんです。

それ以外の、事業背景やら問題点の分析などは、チョロっと触れる程度で問題ないでしょう!
posted by まめとら at 22:49| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

学生時代に身につけたいプレゼン能力

世の中、不況の真っ只中で、成績優秀な学生でも希望する企業に就職するのは至難の業となっています。

そんな状況の中で、学生は英語のほかに、中国語や韓国語などの語学や簿記・会計・税務などの知識を身につけようと、大学在学中にも関わらず専門学校に通う学生も少なくないようです。

たしかに企業に就職した場合、語学や会計の知識は所属する部署によって、大きな武器になることは間違いありません。しかし、どんな部署においても絶対必要になるのがプレゼンテーション能力です。

学生時代人と話すのが苦手なので、できれば営業職や窓口の人と接する部署には就きたくないとか、人と会話するのが苦手だからエンジニアの道に進みたいとなどと思う人もいるようですが、どの部署に所属しても絶対に必要なのが、人とのコミュニケーションです。

それに加え、どんな仕事をするにせよ、相手に対して自分自身が携わる製品や、技術、企画について説明する能力は絶対に必要です。

学生時代から、自分自身の考えを分かりやすく、熱意を持って、人前で堂々と説明することのできるプレゼンテーション能力に磨きをかけておくと、どんな部署に配属されても困ることはないでしょう。

今となってはプレゼンテーションはビジネスの基本中の基本なので、せめてパワポの使い方と、発表する内容の組み立て方は覚えておくようにしましょう。
タグ:就職
posted by まめとら at 15:41| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

石川遼君と英会話プレゼン

朝ズバに石川遼君が生出演していました。

英会話もかなり上達していましたね。17歳にしては、緊張している素振りを見せることなくかなりどうどうと話してくれましたね。

これからマスターズをはじめ、海外で戦う機会が増えるともっと頼もしくなりそうです。

中小企業の場合でも不景気を乗り切るためには、直接海外との取引を視野に入れておかなければなりませんね。

やはり、英語でのプレゼンスキルを高めておく必要がありそうです。

ビジネス英会話の勉強に役立つ材料

インターネットで英会話勉強
posted by まめとら at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

力強く相手を見て話す

聴衆の目を見てしっかり話さないと、せっかくのプレゼンテーションも聴衆は他人事ととらえ集中力を欠いてしまうことが多々あります。

相手の目というか、相手をみて話すということは日本人が苦手な部分といわれていますが、とても大事なことです。相手を注意深く見て話す練習をしておくと、どういうわけか相手を主管できるようになり説得力を発揮できるようになるのです。

難しい言葉を使って流れるようなプレゼンをするのではなく、表情豊かにして友達や親に話しかけるようにすると多少のタメ語があっても、内容は伝わりやすいのです。
プレゼンテーション 基本
posted by まめとら at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

問題解決の授業

すこし前になりますが、世界一やさしい「問題解決の授業」は結構売れた本です。中身は中高生にも理解できるように平易な文章でかかれていますが、しかし内容は濃いです。考える力のトレーニングに主題をおいた中高生向けの本なのですが、この手の本を読んだことがない人には年代を問わずおすすめできます。たとえば、仕事で報告書が上手くかけない、卒論が上手くまとめられないといった人は、考える力というか考え方に問題がある可能性があります。書籍の価格も1200円とリーズナブルです。
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
posted by まめとら at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

プレゼンテーションとは

プレゼンテーション(Presentation)とは、情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報、企画、提案を提示して説明する行為を指す。略してプレゼンとも呼称される。(Wikipedia)とあります。プレゼンテーションといっても、いろいろなとらえ方があると思います。 ましてや聞き手に対して、何を伝えるかは立場によって全然違いますよね。 きっと学生の立場であば、ゼミや講義の中で調査、研究した内容を発表することがプレゼンテーションなんだと思いますし。ビジネスマンのプレゼンテーションは、聞き手を感動させ,購買意欲を高めるための説得ツールでなければならないでしょう。 また、最近はパワーポイントやKEYNOTEといった高機能なプレゼンテーションソフトを上手に使い、見ていて楽しいドラマチックなプレゼンテーションをする若い人が多くなりました。そのスキルの高さと構成力には、本当に驚かされます。 パワーポイント等のプレゼンテーションソフトは聞き手に対し視覚的なインパクトを与え、興味関心をひきつけるには十分なツールです。見ていて楽しいこともプレゼンテーションを成功させるための、重要なポイントだと思います。 しかし、どなに資料やツールを使いこなしたとしても、プレゼンターのマナーや話し方が今ひとつであれば情報が正確に伝わらなくなってしまうこともあります。やはり、どんな立場でプレゼンテーションをしても『説明』と『説得』が上手くいかなければプレゼンテーションが成功したとは言えないのではないでしょうか。 つまるところ、プレゼンテーションとは人の心を動かすことだと思うのです。これから少し、聞き手を説得し、商業的成功に導くためのプレゼンテーションの方法を勉強していきたいと思います。
posted by まめとら at 13:38| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

プレゼンテーションにおける目と口の使い方

話し方の善し悪しが、プレゼンテーションの成功を左右する場合がよくあります。 特に、手元の資料を棒読みするようなプレゼンテーションでは、聞き手の心を上手く捉えることはできません。また、プレゼンテーションを行う際には、口癖にも注意が必要です。自分では全く気づいてなくても「えー」、「あー」、「そのー」等といつのまにか口にしてしまう癖があります。これって聞き手にとって意外と、耳障りになることが多いです。もしこのような口癖があるのなら、日頃の生活の中で、なんとか意識して直すように心掛けましょう。緊張する場面で『観衆を芋だと思え!』言われたことはありませんか?手のひらに文字を書いて飲んでたりだとか、緊張を解すためのおまじないのような儀式は実にたくさんあります。でも、そんなことに意識を奪われると余計緊張してしまうのではないでしょうか?そんなことより、深呼吸を繰り返し呼吸を整えることが大事かと思います。呼吸が整ったら、プレゼンテーションの開始です。心はおだやかに、言葉ははっきり、ゆっくり、さわやかにがプレゼンテーションを行う際の理想ですが、慣れないと極端な緊張のため、最初からあがりっぱなしで早口になってしまうことがよくあります。このような緊張した声の状態では、せっかくプレゼンテーション資料を上手に作ったとしても、説得にはマイナスの影響を与えてしまいます。しかし、どんな緊張した状況にあっても途中でプレゼンテーションを投げだすわけにはいきません。いかなる状態になったとても、プレゼンテーションは続けなければならないし、成功させなければならないですね。そんな時は、まず、ゆっくり落ち着いて聴衆をしっかり見て、話しかけるようにプレゼンテーションすることを心掛けましょう。そうすると聴衆のほうが意外と緊張するので、心理的に優位に立つことができるはずです。日頃、人を説得するには目を見て話をしますね。「目は口ほどにものをいう」と言われるぐらいですから、表現を意識しなければならない器官です。プレゼンテーションで大勢の聴衆を相手にする場合にも、語りかけるように聴衆全体に視線を行き渡らすことが必要です。中には、興味を示すと頷きながら聞いてくれる人が現れます。そういう人を見つけて、一人ずつ話しかけるようにしてくと、常に視線を聞き手に向けながらプレゼンテーションを進めることができます。いつでも、だれかの目を見て話すことで、大勢の視線を意識することがなくなり、アガリ症を防止することもできるのです。しかし声には、心の状態が微妙に表れるものです。できるだけ、プレゼンテーションの際には親しみやすく、分かりやすい言葉と普段の話し方で語りかけるように行いましょう。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

プレゼンテーションと『アガリ』の付き合い

いざプレゼンテーションを始めるときになって、大勢の聴衆を前に緊張してくると、呼吸が早くなったり、体温や脈拍数もあがってきます。 緊張で、何を話しているのか分からなくなってしまう、なんて経験は一度や二度、だれにでもあるはずです。こうなると、自分で調整できるのは呼吸だけです。まずはプレゼンテーションを始める前に、深呼吸を繰り返し、落ち着きを取り戻さなければなりません。しかも、こんな風になってしまうと、表情は決して笑顔にはなっていないはずです。大勢を前にしてプレゼンテーションを行う場合には顔の表情にも気をつけなければなりません。とりあえずは、プレゼンテーションの前に、緊張を和らげ自然な笑顔で、聞き手の前に立つことが大切です。また、普段使い慣れない言葉使いで、プレゼンテーションをやろうと思うと、どうしても、間違ったらどうしようと不安な気持ちになりがちです。これが『アガリ』の大きな原因なのです。プレゼンテーションをする際には、できるだけ普段の使い慣れた言葉で話すようにしましょう。どうしてもプレゼンテーションの最中に、緊張しているなと感じたときは、「皆さん、こちらをご覧下さい」等と、聞き手の関心をスクリーンに注目させることことで、一時緊張感から逃れることができます。また、同様に「皆さん、そうですよね」、「今日は、何を食べてきましたか」と聞き手に話しかけることで、緊張していた気持ちがかなり楽になるはずです。しかし、何度やっても緊張してしまうという方、『アガリ』を認めてしまいましょう。 変にアガリを克服しようと「俺は、絶対大丈夫!」と力んでしまっては逆効果になってしまいます。さりげなく、聴衆に対して「本日は、かなり緊張しております。」と言うことで、気持ちも、きっと楽になるはずです。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

プレゼンテーションにおける聞き手の分析T

プレゼンテーションは相手がいて成り立ちます。プレゼンテーションのテーマにもよりますが、聞き手の人たちは、年齢、性別などが違 うはずですから、受け止め方もいろいろあるはずです。つまり、価値観が人それぞれ違えば、伝える側も参加者にあったプレゼンテーション方法を工夫し なければなりせん。当たり前ですが、受け手にプレゼンテーションの意図が正確に伝わ らなければ関心を引くことはできません。 また、聞き手にとってよほど興味をひく内容でなければ話を聞いてくれないということも知っておかなければなりません。この当たりを意識せずに、一方的なプレゼンテーションをしてしまい聞き手に興味をもって貰らえなかったという話をよく聞きます。 具体的な話として、たとえば、自動車ディーラーの販売員を想定してください。カーナビについて何も知らないおじいさんが、カーナビを買いに来たとします。次に、20 代の若いビジネスマンが、買い換えたいので、おすすめカーナビを教えてほしいと話しかけてきました。さて、カーナビについて、あなたは同じ話をするでしょうか?おそらく、おじいさんには、画面見方や、リモコンの使い方、メニューの使い方など基本的なことを話すと思います。一方、若いビジネスマンには、3D表示や検索機能など、性能に関わる話を中心にするでしょう。つまり、同じカーナビを販売するにしても相手によって、その内容を変 えなければならないということです。それでは、おじいさんと若いビジネスマンを分けたものはなんでしょうか?それは、「カーナビに対する知識の差」ですね。プレゼンテーションを行う上で大切なのは、聞き手がプレゼン テーションテーマについて、どの程度の情報や知識を持ち合わせている か知ることです。そのためには事前に、依頼者や受け手となる人々を調 査しておくことが重要です。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

プレゼンテーションにおける聞き手の分析U

パワーポイントを使い、かっこよくプレゼンテーション資料を作成したのに、話が伝わらない。「いいね。今日のプレゼン」と言われたのに、受注に結びつかない。プレゼンテーションの資料は一生懸命作ったはずなのに・・・・。 それは、プレゼンテーションを受けたお客様にとって価値のないプレゼンテーション内容と判断されたか、意図したことが上手く伝わらなかったかの、いずれかです。プレゼンテーションは、何のため に行うのでしょうか?メーカーさんでしたら、プレゼンテーションを通して自社の製品を販売することが、大きな目的ですね。しかし、お客様は自分たちにメリットのない商品は、決して買ってくれません。もちろん伝え手が、一方的に製品説明をしただけでは、聞き手は動いてくれません。プレゼンテーションを行う際に大事なのは、聞き手にとっての利点を、上手く説いてあげることなのです。 そのためには、プレゼンテーションを行う前に、相手のニーズをしっかり分析し、ユーザーにとってのメリットが盛り込まれているか、問題点を解決できるような内容になっているか確認する必要があります。さらにプレゼンテーションで述べる結論が提案した課題の答えとなっているかを確かめて下さい。
相手ニーズの分析@ 相手ニーズの調査(聞き取り調査を行い相手ニーズを洗い出す。)
A 問題の抽出(問題を明らかにする。)
B 問題を解決するための課題を考える。(いろいろな問題解決手法を使い、課題を検討します。)
C 課題の答えとなるべく結論を提案する。(問題を分析し、これからの問題解決に向けての方向性を話し合う。) これらのことを行うには、ヒアリングや問題発見能力などの相手とのコミュニケーション能力が必要になってきます。プレゼンテーションを成功させるためには資料のビジュアル化も重要ですが、相手とのコミュニケーションを充実させる交渉術も重要です。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

プレゼンテーションにおける聞き手の分析V

プレゼンテーションを行うにあたり、あなたが、よほどの著名人でないかぎり、聞き手はあなたのプレゼンテーションに興味を示してくれないでしょう。 場合によっては、馬の骨がこれからどんなプレゼンテーションをするんだと、冷めた目で見ている人が大半だった、なんてこともあるかもしれません。しかし、こんな四面楚歌のつらい状態から、聴衆の興味を一気に引きつけることのできる醍醐味が、プレゼンテーションにはあるのです。今、アメリカでは大統領予備選挙の真っ只中です。ご存じかと思いますが、世界的に話題のアメリカ合衆国民主党オバマ上院議員、実にカッコいいですね。たくさんの人の前で、あんな風に堂々と話せたら気持ちいいでしょうね。なぜ、演説で、あれほど多くの人を魅了することができるのでしょうか?話し方も抜群に上手なのかもしれませんが、決してそれだけではないはずです。ここからは演説のテクニックとは別に、聞き手について少し分析してみようと思います。

プレゼンテーションにおける聞き手の特徴
@ 聴衆は自分に関係のない内容には興味を示してくれません。
A 聞き手には集中力にかける人が多い。(プレゼンテーションの良し悪しによりますが)
B 自分自身の損得に関わることから物事を考えます。
C 自分自身のことに話題が及ぶと興味を示します。
いかがでしょうか。プレゼンテーションや人前で話すことを経験したことのあるかたらなら、ひとつやふたつ思い当たることがあるのではないでしょうか?つまりパワーポイントやキーノートで見栄えのするプレゼンテーション資料を作ったとしても、相手の望んでいることが盛り込まれていなければ、聞き手の関心を引くことは難しいと思います。 それと、トークはバッチリなんだけど、聞き手に話が伝わらない?こんなときは、理由として次のことに注意しなければなりません。

聞き手に話が伝わっていないと感じたとき
@ 簡単な内容を難しい言葉で説明していないか?
A 途中、調子に乗り思いつきで脈絡のない話をしていないか?
B 説明の順序を間違えていないか?
C 自分自身、説明している内容を理解しているか?
D 肝心なことを話すのを忘れていないか?
E プレゼンテーションする目的を確認しましたか?

以上の6項目意識することで、かなり聞き手をその気にさせることが できるはずです。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

プレゼンテーション資料のビジュアル化

プレゼンテーションを成功させるためには、文章や数値をビジュアル化した、プレゼンテーション資料がつくれることが重要です。 さらに最近はパワーポイントやキーノート、フォトショップやイラストレータなどの、PCソフトを使いこなせるか否かがプレゼンテーションの成功を握る鍵となっています。稀にですが、用意した文章と数式のプレゼンテーション資料をスクリーンに映し出し、それを最後まで永遠と読み始める人がいますが、聞いている側としては、これほどの苦痛はありません。大部分の人は寝てしまうか、聞いているふりをして、他のことを始めるかもしれません。プレゼンテーションは相手にイメージを抱かせることが大切なわけですから、見ていて飽きない工夫が施されていて、資料もわかりやすく、見やすいものでなければなりません。やはり人に、プレゼンテーションを見て聞いてもらうことを考えたときには、文字や文章で説明するよりも、図やグラフで説明したほうが、イメージしやすく記憶に残るのです。

グラフの種類と意味
@ 棒グラフ 項目ごとに値の大きさや変化を比較する。
A 円グラフ 全体に対する値の関係や比較を表す。
B 折線グラフ 時間や項目によるデータの大きさや比率の変化を表わす。
C 面グラフ 時間や項目による値の大きさや比率の変化を表す。
D ドーナツグラフ 内訳を表示できる。
E レーダーチャート 複数の軸で、バランスを表す。
F 散布図 散らばり方や傾向を表す。
G 等高線グラフ 連続した曲線で3次元データで表す。
H バブルチャート 散布図に大きさを加えて傾向を表す。以上のように、いろいろなグラフがあります。プレゼンテーションを行う際には、自分のもっているデータを上手く加工できる技術も必要です。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

プレゼンテーション資料の図解T

図を利用することは、以下のメリットがあります。
@ 説明が容易にできる。
A 聞き手の記憶に残りやすい。
B 聞き手の関心をひきやすい。

ビジュアル化された資料は、見て記憶されますが、文章化された資料は 読まなければなりません。聞き手にとって、スライドの文字を読む行為 は、意外とストレスになるものです部屋も暗ければ眼も疲れますし。ただし、図解化するにも、図形や色彩などを使いこなせるコツが必要で す。図解して一見きれいにまとまっているように見えても、強調する部 分がハッキリしないと、意外と聞き手に伝わりにくい場合があります。特にプレゼンテーション資料では、長い文章は使わないようにしましょう。読まず に見てわかる、最低限度の文字数が理想です。 それでは、文章を図解化する手順を見てみましょう。
@ 文章の中からキーワードになる言葉を見つけ出す。
A 箇条書きにまとめる。
B 関連性のあるキーワードごとにまとめ、優先順位に並べかえ る。
C 文章全体の流れをみながら、キーワードを矢印や図形を使いまとめる。
D 図解で強調したい部分をハッキリさせる。
E タイトルは伝えたい内容を簡潔に。

この場合、大事なのは@です。どんどんキーワードを文章から抽出する ことです。最小は多少、長い文章になるかもしれませんが、繰り返すこ とで上手くまとめることができるようになります。また、この作業を何度も行うことで、論理的な考え方が身につくようになり、話し方も上手 になります。
posted by まめとら at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

プレゼンテーション資料の図解U

図解をつくる上で、物ごとがどのように組み立てられているか、どのよう な要素で構成されているかを知ることが、プレゼンテーション資料を作る大切なポイントです。それによって、利用する表現方法が変わってきます。大まかには、階層、分類、重複などをあらわす構成、方向、対比、変化なをあらわす関係、グラフ、座標軸などであらわす表、順序や、流れをあらわす手順などがあげられます。図解を利用する目的は、キーワードを関連付け、位置関係や流れ、手順などの構造を表すことで、事柄を分かりやすく伝達することにあるといえます。
@ 構成 要素と要素のかかわりや、大小関係、要素全体の構成を表します。代表的なものには組織図があります。
A 関係 グループとグループの係わり合いや、循環の様子など を表します。代表的なものには整数と実数の関係をあらわす図などがあります。 B 表 表の形式で要素を図解し、座標軸や時間軸を利用して表します。代表的なものにはSWOT分析などがあります。
C 手順 作業手順や順番を分かりやすくあらわします。代表的なものにはローチャートがあります。   

ただ単に、文章を図解してしまったのでは、テーマがどこにあるのか分からなくなってしまう場合があります。それを防ぐためには、まず、全体の構造を伝えることが必要なので、大きなテーマから作成していくことが重要です。次に、キーワードにあったデザインにする。キーワードの関係を分かりやすく表現する。全体的に見やすい構成にする。見ていて疲れない色使いを心がける。これらを意識することがプレゼンテーション成功のイントとなります。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

プレゼンテーション前のチェックシート

プレゼンテーションを上手くするコツは、企画段階で念入りに調査を行うことです。参加者は誰か?また、ターゲットとする人は誰か?このあたりは必ず押さえておく必要があります。大勢の人を前にしても、実際聞いてもらいたい人は決定権のある人や、影響力のある人のハズです。この人たちに気に入ってもらえなければプレゼンの意味も薄れてしまいます。そこで、重要になってくるのがプランニングシートの作成です。プレゼンテーションを実施するまでには、いろいろな人とミーティングを重ねなければなりません。そんな中で、あれも取り入れたい、これも説明しておきたい等々、追加したくなる要素がたくさんでてくるものです。こうなるとせっかくのプレゼンテーションも軸ぶれをおこしてしまい、結局のところ何を言いたかったのか見えなくなってしまうことがあるのです。そんなことにならないようにするためにもプランニングシートの中に、プレゼンテーションの主旨と説明のポイントを早めに決定し明記しておくとよいでしょう。 プランニングシートの構成 ● プレゼンテーション対象者の分析 人数/職種/役職/性別/年齢構成 ● プレゼンテーションの目的やねらい 全体構成/説明ポイントの確認 ● プレゼンテーションの反省     反省点や改善点
posted by まめとら at 13:50 | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サーバーをレンタルする前に知っておきたい厳選4ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。