2008年02月20日

プレゼンテーション前のチェックシート

プレゼンテーションを上手くするコツは、企画段階で念入りに調査を行うことです。参加者は誰か?また、ターゲットとする人は誰か?このあたりは必ず押さえておく必要があります。大勢の人を前にしても、実際聞いてもらいたい人は決定権のある人や、影響力のある人のハズです。この人たちに気に入ってもらえなければプレゼンの意味も薄れてしまいます。そこで、重要になってくるのがプランニングシートの作成です。プレゼンテーションを実施するまでには、いろいろな人とミーティングを重ねなければなりません。そんな中で、あれも取り入れたい、これも説明しておきたい等々、追加したくなる要素がたくさんでてくるものです。こうなるとせっかくのプレゼンテーションも軸ぶれをおこしてしまい、結局のところ何を言いたかったのか見えなくなってしまうことがあるのです。そんなことにならないようにするためにもプランニングシートの中に、プレゼンテーションの主旨と説明のポイントを早めに決定し明記しておくとよいでしょう。 プランニングシートの構成 ● プレゼンテーション対象者の分析 人数/職種/役職/性別/年齢構成 ● プレゼンテーションの目的やねらい 全体構成/説明ポイントの確認 ● プレゼンテーションの反省     反省点や改善点
posted by まめとら at 13:50 | TrackBack(0) | プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
サーバーをレンタルする前に知っておきたい厳選4ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。