2008年02月29日

プレゼンテーションにおける聞き手の分析V

プレゼンテーションを行うにあたり、あなたが、よほどの著名人でないかぎり、聞き手はあなたのプレゼンテーションに興味を示してくれないでしょう。 場合によっては、馬の骨がこれからどんなプレゼンテーションをするんだと、冷めた目で見ている人が大半だった、なんてこともあるかもしれません。しかし、こんな四面楚歌のつらい状態から、聴衆の興味を一気に引きつけることのできる醍醐味が、プレゼンテーションにはあるのです。今、アメリカでは大統領予備選挙の真っ只中です。ご存じかと思いますが、世界的に話題のアメリカ合衆国民主党オバマ上院議員、実にカッコいいですね。たくさんの人の前で、あんな風に堂々と話せたら気持ちいいでしょうね。なぜ、演説で、あれほど多くの人を魅了することができるのでしょうか?話し方も抜群に上手なのかもしれませんが、決してそれだけではないはずです。ここからは演説のテクニックとは別に、聞き手について少し分析してみようと思います。

プレゼンテーションにおける聞き手の特徴
@ 聴衆は自分に関係のない内容には興味を示してくれません。
A 聞き手には集中力にかける人が多い。(プレゼンテーションの良し悪しによりますが)
B 自分自身の損得に関わることから物事を考えます。
C 自分自身のことに話題が及ぶと興味を示します。
いかがでしょうか。プレゼンテーションや人前で話すことを経験したことのあるかたらなら、ひとつやふたつ思い当たることがあるのではないでしょうか?つまりパワーポイントやキーノートで見栄えのするプレゼンテーション資料を作ったとしても、相手の望んでいることが盛り込まれていなければ、聞き手の関心を引くことは難しいと思います。 それと、トークはバッチリなんだけど、聞き手に話が伝わらない?こんなときは、理由として次のことに注意しなければなりません。

聞き手に話が伝わっていないと感じたとき
@ 簡単な内容を難しい言葉で説明していないか?
A 途中、調子に乗り思いつきで脈絡のない話をしていないか?
B 説明の順序を間違えていないか?
C 自分自身、説明している内容を理解しているか?
D 肝心なことを話すのを忘れていないか?
E プレゼンテーションする目的を確認しましたか?

以上の6項目意識することで、かなり聞き手をその気にさせることが できるはずです。
posted by まめとら at 13:50| プレゼンテーションの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サーバーをレンタルする前に知っておきたい厳選4ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。